ハードディスクを使うなら事前にデータ復旧方法を知っておこう

メンズ

ブラウザでのメールの利用

電子メール

外出先でも個人宛ではない会社宛のメールをチェックしたいならば、ウェブメールを利用するのが便利でしょう。スマートフォンに標準に装備されているブラウザから利用できますので、ウェブメールの導入はとても簡単といえます。

もっと見る

複合機検討時のアドバイス

2人の女性

東京などのOA激戦区で複合機導入の際には数社にて比較する事は非常に効果がありますが、コピー機としての使用が多い企業は特に十分業務に対応できるスペックの機械を検討して下さい。またメンテナンス料に関しても事前にチェックしておきましょう。

もっと見る

データを復旧させる

HDD

ハードディスクのデータ復旧を行うためにはソフトウェアを活用して復旧を行う方法と、あるいはハードウェアを修復して復旧を行う方法との二種類があります。ハードディスクは機械部品であるため、ハードディスクのハードウェアが故障してしまうとデータが読み込みできなくなってしまうことがあります。ハードディスクからデータを読み込みできなくなってしまった場合、ソフトウェアによる復旧を行った方が良いのか、あるいはハードウェアの修理を行ってデータ復旧を行うのかについて調べる必要があります。後者の場合は一般のユーザーでは難しい作業となるため、専門の修復業者に作業依頼をする事が大切です。データ復旧を行う場合には、データ復旧による専門業者に依頼することでハードウェアかソフトウェアトラブルの特定を行い安全な作業を行なう事ができます。

データ復旧を依頼した際には、まずハードディスクを持ち込む、あるいは郵送で送り、現在の状態を確認してもらいます。その後専門業者側がどういった状態なのかを確認してくれますし、その状態に応じて復旧のプランを提案してくれます。そのプランや見積もり内容に問題がなければ、そのままデータ復旧を依頼する流れになります。こういったデータ復旧を行なってくれる専門業者は、全国対応しているところもあれば、ある範囲に限定しているところもあります。そのため予め対応している都道府県の確認を行ないましょう。ハードディスクには企業にもよりますが様々な重要な情報が入っていることが多いので、早めに依頼して解決してもらいましょう。

3次元データでの提案

パソコンを触る人

会社で分かりやすいプレゼンテーションをおこないたいなら、3Dプリンターを利用してみましょう。3Dプリンターは立体的にデータを出力してくれますので、視覚的に分かりやすいプレゼンテーションがおこなえます。

もっと見る