ハードディスクを使うなら事前にデータ復旧方法を知っておこう

ウーマン

複合機検討時のアドバイス

2人の女性

検討時のポイント

オフィス業務においてコピー機、ファクスは必須の事務機といえます。現在はコピー機とファクス、プリンタなどが一体となった複合機が主流です。東京、大阪など都市圏などになりますとOA業界も激戦区となり多くの販売店、メーカーがあります。ゆえに機械導入時の競合も非常に多くなります。特に東京、大阪などの大都市に本社を置く全国展開の企業への大型導入案件などになりますと、各社大幅な値引き合戦になります。メーカーは機械購入代金で利益を上げるよりも、その後のメンテナンス料金獲得をポイントとします。ゆえに機械導入台数が多い案件になるほど、メーカーとしては機械代金を押さえてでも導入したいのです。ですから機械購入代金とは別に、導入後のメンテナンス料金等についての比較、検討も重要なポイントとなります。

具体的導入効果が重要

複合機導入時、コピー機として使う事が多いのか、ファクス、プリンタとして使う事が多いのかなど、用途を考慮する事が重要です。コピー機として使う場合やファクスとして使う場合は通常紙で出力されます。1枚印刷につき数円のメンテナンス料金が発生する契約が主流です。ファクス等は紙で出力せずに受信文書をパソコンに取り込める複合機がありますので、その様な機械ならばファクス出力によるコストを削減できます。また、東京と福岡間等、さまざまな拠点間で複合機同士のデータ共有や通信をおこなう事で業務改善する事も可能です。複合機検討時に具体的な導入効果をメーカー、販売店に求める事は後々のコスト削減や業務効率改善に大きく関わってきます。東京、大阪等では各メーカーが特に力をいれてコスト削減やIT環境改善等に対するセミナーなどもおこなっていますので利用されてみる事は有効です。