ハードディスクを使うなら事前にデータ復旧方法を知っておこう

ウーマン

3次元データでの提案

パソコンを触る人

立体的なデータの活用

会社でプレゼンテーションをおこなう場合には、周りにできるだけ分かりやすい説明するための色々な工夫をしているはずです。しかし、文章や図面を利用しただけでは伝わりにくい、デザインや形などもあるでしょう。その場合は文字や図面といった2次元を利用するのではなく、3次元を利用してプレゼンテーションをおこなってはどうでしょう。3次元のデータを利用すれば、平面ではなく立体的に物事を伝えられますので、今までとは比べものにならないくらいの提案ができます。なお、3次元を出力するためには専門の機器が必要となりますので用意しましょう。その機器は一昔前までは手に入りにくかったのですが、今では普通に3Dプリンターとして販売されているので簡単に購入ができます。

立体に対応したプリンター

3Dプリンターはとても高いイメージがありますが、近年では価格もかなり下がっていて10万円以下で買えるような安価な機種も増えてきました。もちろん、そういった製品は簡易的な3Dプリンターなのですが、プレゼンテーションで利用するだけならば十分すぎる機能を持っています。なお、3Dプリンターで印刷するためには樹脂というものを使いますので、ランニングコストも考えてから購入すると良いでしょう。そして、会社でたまにしか使わないというならば、他者に外注をして3Dプリンターを利用する方法もあります。その場合は本格的な3Dプリンターでの作成を依頼することもできるため、利用したいクオリティによって外注先を選びましょう。